とらとら日記

tigre2.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 23日

NintendoDSとPSPのこれから

こんなブログを見かけてほんわかしたのでご紹介。

おばあちゃんのnintendogs日記

75歳のおばあちゃんにニンテンドッグスをプレゼントして、その日々を綴ったブログです。
ちょっと視点が違うというか、その発想がなごむなぁと思いました。

--
ちょっと真面目にNintendoDSとPSPのことについて考えてみる。





ニンテンドッグスが発売されてから、NintendoDSは絶好調です。
決して本数は多くありませんが、大人のDSトレーニングで中ヒット?を
飛ばし、今後もファミコンウォーズやマリオカート、どうぶつの森など
が発売予定で、当分はソフト不足に悩まされることはなさそうです。
(あ。ファイナルファンタジー3も発売予定に入ってる。知らんかった)
GBAのただの後継機種でなく、タッチスクリーンとマイク、そして通信
機能を本当に上手く使った遊び方を提示してくれています。
ソフト1本で複数台のDSと共有プレイできるとか、店頭で体験版など
をダウンロードできるなど、プレイヤーにとって嬉しい配慮も多いですね。
何よりDSが凄いと思うのは、コア、ライトゲーマー以外の層をも取り込ん
でいるところです。
ユーザーが増えればいろんなメーカーが参入してきて、更に面白いゲー
ムを楽しむことができることになるでしょう。

一方PSPはというと・・・未だにみんなのゴルフがCMに使われていること
がすべてを物語っているかと。完全なゲームソフト不足です・・・
ちょっと違うな、実はPSPも発売ソフト数ではDSと同じぐらいなのです。
しかしまったくと言っていいほど話題にのぼるようなソフトがでない&
今後も期待できるようなソフトがないというのが現状です。
PSPならでは!という遊び方が中々提示されず、ひたすら長いロードに
悩まされるという・・・(UMDでは先行読み込みができない?でもリッジ
レーサーズはそんなにロードひどくないとか聞くので、ソフト側で対策
可能なのかも)
しかしPSP本体は音楽聴けたり動画見れたり(UMDでAVも出るし・・・)
で便利なので売れ続けているという、奇妙なねじれも起きています。
下記のサイト見てるとその実態が切々と伝わってきます。

EXAPON Becky!さん

なんかデジャヴを感じます。PS2とXBOXの場合、発売当初にXBOXがつまづ
いて、マイクロソフトは挽回する手を打たず、日本市場の決着はあっさり
とつきました。今のPSPはつまづいた頃のXBOXを思い出させます。
本体の完成度の甘さを仕様と言い切り、魅力的なソフトが出ないのでただ
ただジリ貧となっていると。
SCEにやる気があるならまだ何とかなるかもしれませんが、PS3に夢中な
のか、ほとんどほったらかしな感じです。大丈夫かよと余計な心配をして
しまいます。
ゲーム機は据置機であろうが携帯機であろうが、どんなに性能が良くても面白
いゲームがなければ普及しないし、逆に言うとユーザーがやりたいと思うゲーム
があれば勝ち組になれるというのはPSでのFFの経験からわかってるはずなん
ですけどね。SCEは。

まぁ決着は時間がたてばわかります。
僕の考えが見当違いで、DSもPSPもきちんと住み分けできて、それぞれ市場を
形成できてればいいんですが。
[PR]

by sin_z | 2005-06-23 23:50 | ゲーム


<< お部屋のリフォーム      ユージュアル・サスペクツ >>