とらとら日記

tigre2.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 11日

シャイニングフォース ネオ

シャイニングフォース ネオ
d0044615_22341918.jpg
青春時代をメガドラと過ごした僕としては、シャイニングシリーズは外せない・・・訳でもなく、3を途中で止めて以来のシリーズ復帰です。
もともと特に買おうとは思っていなかったのですが、製作があの※ロードス島戦記 邪神降臨(DC)のネバーランドカンパニーと聞いて、こりゃプレイしない訳にはいかんなと思い直しました。






システムは3人パーティ制のロードスといったところでしょうか。正直誰をパーティに連れて行っても大差ないような気もしますが、それなりにしっかり戦ってくれるので頼りになります。レベルとHPぐらいしか表示されない仲間のステータスも、管理する個所が減って楽なので、潔くていいと思います。育成はレベルのほかに、ロードスのミスリル→フォースエナジーとなっていて、あまり代わり映えはしません。アイテムごとに強化する必要がなくなったのは面倒が減りましたね。良いシステムは無理矢理進化させるより、ちょっと改良を加えるだけで十分という好例だと思います。
あとはうじゃうじゃ沸いてくる敵をばったばったと斬り伏せればいいんです。武器は剣(片手・両手)、弓、魔法杖とあるので場面によってお好きな武器を選べます。魔法はともかく、弓を使う場面ってどれだけあるんだろうか・・・?

あとこのゲーム、名前を略しにくいんですが、いろいろ見てると「スネオ」と呼ぶのがスタンダードらしいです。スネオ・・・しゃあない、スネオでよろしく(^^


※ロードス島戦記 邪神降臨(ドリームキャスト)
小説版ロードス島戦記を何度も読み返した身からすれば、このゲームのストーリーはめちゃめちゃなのですが(あの二人が同時に存在してたり、自由騎士がちょっと目を離したスキにやられてしまう弱さだったり)、戦闘システムが面白すぎて名作と言われるようになったソフトです。廉価版が出るまでヤフオクでずっとプレミアがついてたなぁ。ディアブロ式と言うらしいのですが、斜め見下ろし視点でうじゃうじゃ出てくる敵を斬って斬って斬りまくる爽快感ったらもう・・・そして為す術もないほど強い敵でもミスリルを武器に刻み込むことで勝てるようになる育成システムも秀逸です。この爽快感と育成システムはちゃんとシャイニングフォースネオに引き継がれています。
[PR]

by sin_z | 2005-07-11 22:36 | ゲーム


<< 今日の衝動買い      今週のお世話状況 >>