とらとら日記

tigre2.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 29日

押忍!闘え!応援団 の感想

d0044615_14363321.jpg
二日ほどやりこんでみました。感じたことなどつらつらと書いてみます。
とりあえず、前評判通りのバカゲーであることは間違いないです。狙ったバカゲーは概ねハズしがちですが、このゲームはバカさのさじ加減がなかなかいいと思います。





ボーカルは175R以外はすべてニセ歌?です。かなりカラオケの上手い人って感じです。
リンダリンダとか特にそうですが、無理に原曲に合わせた歌い方をしていないところはいいと思います。
普通、音ゲーは「曲を演奏する」というのが主なのですが、このゲームはちょっとおバカなストーリーを進めていく盛り上げ役つまり従として「曲」がある感じなので、本人のボーカルじゃないとなぁという気持ちは沸いてこなかったです。
気になるのは演奏中もストーリーは展開していると思うのですが、下画面のタッチで忙しくて上画面の進行はさっぱりわからないところです。間奏のところでゆっくり見れますが、上手く応援できている時失敗している時の違いとか見れないってのは寂しいなぁ。(8/1追記:リプレイモードでちゃんと見れました。全然気付かず恥ずかしい^^;)

で、最後のステージでだけですべての良い印象をひっくり返しました。
このゲームの購入はオススメしません。
最後のステージは異常にメーターの減りが早く、マーカーも曲と妙にズレて出てくることが多いので、
「ほとんど最高のタイミングでメロディーに合ってないマーカーもタッチし続ける」必要があります。
んなもんやってられるか!どんな音ゲーでもそうですが、曲のどのパートに合わせてるかわからないマーカーの存在はすごいストレスを感じます。それをベストのタイミングでタッチし続けるのもまたイライラします。
こういう形での「難しい」ステージを用意するゲームは僕は大嫌いです。
何度もやるゲームでもないし、早々に手放すことになりそうです。

評価:★★☆☆☆ 評価をちょい訂正。下記参照

--8/1追記--
setakemuraさんのコメントに気合を入れてもらって(^^)、もう一分張りしてみました。
トータルで60回近いプレイを重ねてやっと一本木(ノーマルモード)のラストをクリアすることができました。しんどかった。たぶん二度とこのステージはやりませんが、ハードモードは歌詞にあわせてタッチする曲が多く、気持ちよくプレイできてます。特にスリルのアミダのようなタッチはいいですね。この曲はカラオケで歌詞見ずに歌えるぐらいなので、余計に燃えます。

でもやっぱり他の人に購入を薦めることは僕としてはないです。
これ遊んでみ、と自分のソフトは遊ばせることはあっても、ここまで難しいゲームは薦められないです。

--8/2追記--
このゲームの内容を簡単に説明してみました。
あ、そうそう。このゲームを電車でプレイするのは止めておいたほうがいいでしょう。必死でスタイラスを回す姿は異様ですから。
と今日の自分の姿を思い返して反省する(^^;

評価: 面白さ★★★★★ オススメ度★★☆☆☆
団長モードがこのゲームの真骨頂じゃないかと思うようになりました。
ただ、このモードを楽しむには上に書いたあの理不尽なノーマルラストをクリアする腕前を持っていないとダメでしょう。敷居が高いと言わざるをえないです。
かなり面白いけど、薦めるにはちょっと難易度が高い、というのを僕のスタンスにします。

--8/5追記--
「華麗に応援」チアガールズの眼鏡っ子の声を担当している方のブログを発見したのでリンク。

 田中まやのまやろぐ

せっかくなので日記見てたら・・・うぅ、大変な(キャベツ)生活だなぁ。
普段は誰にも奢らない僕ですが、こういう子にた~んと食べさせてあげるとすごく感謝してもらえそうだから、奮発してあげたくなります(^^
[PR]

by sin_z | 2005-07-29 23:06 | ゲーム


<< MovieCowboy購入      戦国BASARAの感想 >>