とらとら日記

tigre2.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 01日

映画「NANA」の感想

映画「NANA」を観てきました。10月1日って映画の日なんでしたっけ?
1000円で見れてラッキーでした。

んで観た感想はというと・・・イヤ何とも言いにくいっす(^^;
決してつまらないという訳じゃないし、丁寧なつくりだとは思うんですけど。。。
ちっとネタバレ含んだ感想を以下に。



まず見終って一番印象に残ったこと。
・レン役の松田龍平、もちっと体絞れるだろ、オマエ(笑)
 ある意味リアルなのかもしれないけど、ポテッとした松田龍平のボディに目が釘付けです。
 彼の裸のシーンは結構多いので目立つ目立つ(笑)
 良いとか悪いとかじゃなくてとにかく目に付くって話しです。

・配役は特に悪くないと思う
 ハチ役の宮崎あおいはすごくかわいいし、ナナ役の中島美嘉のすっぴんも負けじとカワイイ(^^
 マンガの実写なんだからある程度のイメージの違いはあって当然だと思ってるので、その割には
 そう外してないキャストだったなと思いました。強いて言うならシンが少しゴツいかな(^^;

・なんか僕がすっきりしない理由
 見終った後しばらく考えて何となく理由付けできました。ちなみに原作は最近一通り読んで、
 面白いとは思ったけどファンというほどではないという立場です。
 この映画は原作に忠実に作ってあります。要所を押さえてそこを上手く演出してるって感じで。
 二時間の中で原作のどこをカットしてどこに時間を割いたか、とてもよくやったと思います。
 じゃなんでモヤモヤっとしたのかというと、原作からまったく外れていないため、展開が全部
 わかるんですよ。映画オリジナルの要素はまったくなかったと思います。だから「驚き」がない。
 「あの原作がこういう風に映像化されたんだ。へぇ。」それ以上でも以下でもないのでよかった
 とか悪かったとか評価しようがないです。オリジナルの要素が必要だというのではないのです
 が(入れたら入れたで非難轟々だろうし)、この内容なら観ても観なくても一緒だなと。
 映像化という意味ではとてもよくできているので、ケチつける気にはならないし、でも満足した
 かというとそうでもないし。そういう感じで微妙な気分で家路についた訳です。

続編やるみたいだけど・・・う~~~~~ん。何とも言えない。
[PR]

by sin_z | 2005-10-01 00:00 | 漫画


<< エンタ検定      相変わらずなBCNランキング >>