とらとら日記

tigre2.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 23日

NDS:探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件

d0044615_11261737.jpg
ゲームソフトの割引券があったので何となく購入。
一言で感想言えば「同人っぽい」ゲーム。ネガティブな意味で。


まずプレイしてない人が誤解しないように書いておきますが、このゲームは「推理ゲーム」
ではないです。そう見えるけど、推理する場面はなくて前に出た話を覚えているかどうか
確認する選択肢がいっぱいでるだけです。何せ最後に・・・
与えられた話を辿っていく「小説ゲーム」だと思います。

で、プレイした印象。
目に付くのはキャラ絵。フリーのゲームソフトぐらいで見る絵柄。
名前の付け方。やたら難しい漢字を使いたがるのは中学生の発想。
各キャラの性格。多少キモいけど、ここはゲームだからで許容できなくはないレベル。
セリフまわし。結構クドい。「私が××です!」を面白いと思ってる作者がイヤ。

半分ぐらい進めると犯人がわかってしまいます。
状況から予想して・・・は当然として、そもそも登場人物が少ないから消去法でその犯人しか
残らないので。それもあって終章の展開にはついていけない。。。
あと最後に探偵に説教されます。いろいろ考え方はあるテーマなので言ってることに異議を
唱える気はないのですが、「お前らはわかってないだろうが、これが正しい考え方だ!」とい
う押し付け方をしてくるので、ちょっと呆れます。
ちなみに作り手の主張を「登場キャラにそのまま喋らせる」ってのは二流三流の仕事です。
話の展開とちょっとしたセリフまわしでプレーヤーに「感じさせる」のがプロの仕事。
これまた中学生レベルのやり方ですね。

どう見ても酷評してますが、話の大筋としてはそれなりに面白いです。それなりに。
このゲームすべてに漂うアマチュアくささ、同人くささを違和感なく受け入れられるなら
mk2みたいに評価できるのかなと。僕は「それなりに」ぐらいにしか評価できませんけど。
マルチストーリーでもないのに話は短いので定価2980円、2000円以下ぐらいだったら
買ってもいいかなというデキですね。
[PR]

by sin_z | 2006-06-23 23:25 | ゲーム


<< 日本代表次期監督      散財日記(デジカメ):DMC-... >>