とらとら日記

tigre2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:漫画( 8 )


2006年 01月 15日

喰いタン

この冬の新ドラマの一つで、日テレ土曜夜九時から「喰いタン」という番組が始まっています。
たまたまテレビをつけていたのでその第一話を見ました。
主人公は(日テレがやけに優遇する)東山紀之演じる「食べること」大好きな探偵で、まぁ後
適当な取り巻きと一緒に事件を解決していくってなものでした。
つまらないとまではいかないのですが何か物足らない感じで、特に継続して見ようというほど
のドラマじゃなかったです。

んで漫画喫茶に行ったらこの「喰いタン」の原作がありました。
イブニングで連載されていて作者はあの「将太の寿司」を書いた人です。
せっかくなのでと思い読んでみましたが・・・えらく面白かったです。
これほど面白い原作ならドラマに使いたいと思うのも無理ないかと。掘り出し物でしたね。
そして何故ドラマを物足りなく感じたか、何となく判った気がします。

原作とドラマの共通点は主人公が有能な探偵でかつ無類の食いしん坊であること。
そして食に関連して事件を解決していくこと、ぐらいです。京野ことみ演じる高野刑事は
原作では男だったりして、結構細かく変わっています。
ま、その辺は別にいいんですけど、原作ではこの主人公、すごく有能なんですが本当にバカ
なんです。
事件は(大して悩む場面もなく)スパッと解決するのですが、食べ物のことになるともう。。。
そのバカさ加減がこの漫画の一番の面白いところ。ほんとこの辺は原作見てもらいたい。
で、その突き抜けたバカさを東山じゃ表現しきれないんですよね。これは役者としての能力
というよりはタイプの問題。バカやってもどうしても常識的な雰囲気が残りますんで。
この設定の主人公ならもっと常識はずれになりそうなのに(実際原作はそう)、ただ良く食べる
って程度にしか演じられないところを物足りなく感じたようです。もったいなや。
[PR]

by sin_z | 2006-01-15 23:49 | 漫画
2005年 12月 24日

デトロイト・メタル・シティ<ヤングアニマル>

ゴートゥDMC!! <赤兜>

まずはリンク先を見てもらって。。。
確かにこの漫画、みょーに面白いです。絵はイマイチですが、セリフのセンスがいい。
最新号の「0.5ファック差」にはヤラれた(^^;
まだ10話ぐらいなので、先が楽しみです。
[PR]

by sin_z | 2005-12-24 02:14 | 漫画
2005年 10月 01日

映画「NANA」の感想

映画「NANA」を観てきました。10月1日って映画の日なんでしたっけ?
1000円で見れてラッキーでした。

んで観た感想はというと・・・イヤ何とも言いにくいっす(^^;
決してつまらないという訳じゃないし、丁寧なつくりだとは思うんですけど。。。
ちっとネタバレ含んだ感想を以下に。

感想
[PR]

by sin_z | 2005-10-01 00:00 | 漫画
2005年 09月 04日

NANA

今日はまたマンガ喫茶でNANAのコミックスを読んできました。既刊は制覇。
ちょうど今日から映画「NANA」が公開開始だそうです。
超映画批評でとりあげられていたのでリンク張っておきます。

「NANA ナナ」

すごく高評価で驚きました。今週のオススメもついてるし。
CMではナナもハチもイメージにぴったりあった配役だなと感じてたけど、内容もいいみたいで。
ちょっと観てみたい気もするけど、独り身の身分じゃ無理だ(泣)
ついでにちょっと前の話ですが、さとう玉緒のNANAの感想が面白かったです。

さとう玉緒のバカガイドブック

8月16日の記事で「NANA」を取り上げています。
まぁ何というか、前の「電車男」の記事読んだ時にも思ったけどさとう玉緒は男気があるなぁと(^^
読み方は女性らしいなと思うところもあるけど、結論はじつに男性っぽい。
僕はさとう玉緒のキャラは天然5:計算3:(キャラを演じきる)覚悟2ぐらいだと思ってるので、
その覚悟の部分から男性的な発想が出てきてるんじゃないかなぁと。
女性に嫌われる女性タレントほぼトップの彼女ですが、あそこまでやってるんだから逆に尊敬すら覚えます。
って何の話してたっけ?
[PR]

by sin_z | 2005-09-04 20:56 | 漫画
2005年 08月 16日

NANA

時間があったので、前から読んでみようと思ってた「NANA」をまんが喫茶で読んでみました。
確かすっげー売れてるんでしたよね、コレ。

1時間しか時間取れなかったので4巻までしか読めなかったけど、紛れもなく面白いです。
ちとヘコむ場面はあったけど。(○○、おめぇって奴はぁ~!!)
でも、あれほどの評判を呼ぶほどの「突き抜けた」ところはまだ感じられてないです。
まだ4巻しか読んでないし、この先かなりのインパクトが待ってるんじゃないかと期待してます。

ちなみにこの漫画、どのぐらいの年齢層をターゲットとして書かれているんでしょうか?
しばらく少女漫画読んでいなかったのでよくわからんです。
[PR]

by sin_z | 2005-08-16 23:35 | 漫画
2005年 06月 06日

G戦場ヘヴンズドア

困った時の漫画紹介(^^;
昨晩見たPRIDE武士道のレビューを書こうと思ってたのに、メモを忘れたんで。

d0044615_2252066.jpgG戦場ヘブンズドア 全三巻 IKKICOMIX 2003年
日本橋ヨヲコ

漫画を描く。全存在をかけて挑む二人の若者を中心に、先人たち友人たちが織り成す物語。後半の急展開とひたすら熱くなっていく様は見事。4巻以上あったら読むこっちがもたないぐらい。
漫画でも仕事でスポーツでも、わき目も振らず打ち込む、、、何かこの言葉じゃ足りないな。迷いを捨ててすべてをかける姿は胸を打たれる。気持ちが中途半端な時は、この漫画を読み返して奮い立たせてます。何にも熱くなれずにもやもやっとしてる方は一読進めます。


「もうオレ達はゆるがないんだ。」

More
[PR]

by sin_z | 2005-06-06 23:02 | 漫画
2005年 06月 04日

PLUTO 浦沢直樹×手塚治虫

d0044615_05467.jpg
PLUTO プルートウ 浦沢直樹×手塚治虫
ビックコミックオリジナルで連載中

今連載中の漫画の中でオススメを聞かれたら、
僕はこれを挙げます。
月イチ連載なのか?たまにしか載ってませんがほんと楽しみにしてます。



元ネタは手塚治虫の鉄腕アトムのエピソード「地上最大のロボット」です。
プルートゥというロボットが世界最高と呼ばれる7体のロボットに挑んでいく話です。
無論その7体のロボットの中にアトムが含まれる訳で。
PLUTOでは、アトムは主人公でなくて(今はね)ゲジヒトという7体のロボットのうち
の一体を中心に話が進みます。浦沢直樹の前作「MONSTER」のミステリアスな
雰囲気を原作に加え、一つ一つのエピソードをより深く描く(ノース2号の話なんて
もうね・・・)。原作読んでるから話の大筋はわかってるのに、これだけドキドキさせ
られるってのは逆に驚きです。読んでない方は是非!

写真はコミックス豪華版の一巻と二巻、そして一巻についてくる「地上最大のロボット」です。
ちと高めですが、これだけの作品なら惜しくない!

More
[PR]

by sin_z | 2005-06-04 00:28 | 漫画
2005年 06月 01日

スラムダンク「あれから10日後」

d0044615_029638.jpg

d0044615_0323887.jpg

先週末やっと届いたので。
昨年末に行われたイベントで作者自ら会場の黒板に描いた「あれから10日後」がポストカードとして販売されてました。イベントの模様を収録したDVDと一緒に通販で購入しました。
左はバスケができなくて苦しむゴリ(^^
作者井上雄彦氏の公式HPでまだ買えるので、スラムダンク好きなら(結構高いけど)買いだと思いますよ。

今思い出してもじわっとくる。
「オヤジの栄光時代はいつだよ・・・
 オレは・・・
 ・・・・・・
 オレは今なんだよ!!」
ほんとサイコー!

--
今日のぷっスマのオセロ中島はなんかみょ~にかわいかったなぁ・・・

考えるヒトコマは面白いんだけど、浜田が松本のネタを採用しすぎ・・・
[PR]

by sin_z | 2005-06-01 00:34 | 漫画