とらとら日記

tigre2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 28日

K-1 WORLD MAX 2007 開幕戦の感想


○コヒvsツグト“忍”アマラ● 判定3-0
特に目を引くようなことはなし。ただコヒが試合中の妙なアピールを何度
もやってたのは気になった。凄く悪いクセなのに直さないのね。
また挑発したあとに一発KOされるぞ。

○TATSUJIvsアンディ・オロゴン● 判定3-0
悪くはないんだけど、以降に続く選手を見ると見劣りする二人。
TATSUJIが勝ったけど、攻撃が軽いのでいつまでも倒せないし。
日本代表トーナメントレベルでそれ以上にはまだまだ。

○A・キシェンコvsイ・スファン● 3R KO
思ってたより二人ともいい選手。キシェンコはガードがすごく甘いけど、
打撃はかなりいい。イ・スファンは軸がしっかりしてて、イム・チビンに
勝ってこの大会に来たのも納得。あんだけやられてもなかなか倒れなか
ったのも凄いし。将来期待できる二人。

○アンディ・サワーvsオーレ・ローセン● 1R KO
ローセンもかなりいい動きしてたけど、サワーが1RでKO。すごすぎ。
ローセンは1Rに一番持ち味を発揮するタイプみたいだったけど、その
1Rで仕留めたサワーの完成度の高さが光る試合だった。

○マイク・ザンビディスvsドラゴ● 延長判定 3-0
カットされた1,2Rはかなり塩?まぁそれはわからんけど、手数は出ても
お互い倒せそうもない内容。どちらも序盤に倒せないと仕方ないんだろ
うなぁ。

○佐藤嘉洋vsデニス・シュナイドミラー● 判定3-0
まだちょっとパンチのディフェンスが甘い感じ。そしてトータルで見て
もトップクラスには及ばないのではと。ファイトスタイルの完成度は
高いけど、短いラウンドで優劣を見せなきゃいけないMAXにおいては
決め手を欠くような気がする。

○アルバート・クラウスvsヴァージル・カラコダ●
クラウス素晴らしい!ホント、ここ数年で最高のデキ!
カラコダも良かった!ここで消えるのは惜しい!
特に良かったのがラウンド後半で有効打を二度も当てたのに最後まで
ポイントを守るなどせずに前に前に出て行った姿勢!
でも一つ気になったのが・・・クラウスの頭頂部・・・まだ26なのに・・・

○ブアカーオ・ポー・プラムックvsニキー・ホルツケン● 判定3-0
王者なのに3Rだけ放映とは・・・いつも通りの強さだけどまた倒せてなかっ
たのは気になる。圧倒してるけど、格下相手に判定続きなのはどうした
んだろうって思う。

○魔裟斗vsJ・Z・カルバン● 判定3-0
食らえば一発でやられそうなカルバンの強打に対し前に前に出る魔裟斗
の姿がよかった。また判定だったけど、あんだけいいのくらってビクと
もしなかったカルバンを褒めるべきかと。


総評
ブアカーオ、サワーの2強に魔裟斗が近づけたかどうかはまだわからない
けど、完成度が更に高まっているのは確か。10月の決勝大会が楽しみ。
そして今日のコンディションでくるならクラウスはもっとも対戦したく
ない相手だろうなと。最初から最後まで文句のつけようのない動きして
たもんなぁ。後の選手は引き立て役で終わらんよう頑張ってとしか。
[PR]

by sin_z | 2007-06-28 23:59 | 格闘技


<< エキサイトブログでのXBOXゲ...      すごいエンディング >>